1相性ピル「マーベロン28」の効果と副作用/3相性ピルとの違い

指で摘んでいるカプセル

マーベロン28の効果

マーベロン28を服用することで、体内のホルモンバランスを変化させ、3つのはたらきによってほぼ確実に妊娠を防いでくれます。また、生理痛やニキビの改善にも役立つなど、他にも嬉しい効果を発揮してくれます。

たくさんの薬

マーベロン28の副作用

マーベロン28は高い避妊効果を発揮してくれますが、その一方で副作用を生じやすいという欠点もあります。軽度な症状が多いですが、もし長く続くようなら医師に相談するようにしましょう。

白い錠剤

3相性ピルとの比較

低用量ピルには1相性ピルとは別に、3相性ピルと呼ばれるものもあります。錠剤に含まれているホルモン量に違いがあり、その違いによるメリットとデメリットもありますので、しっかり理解しておきましょう。

1相性ピルとは

手のひらの薬

最も安全かつ確実性の高い避妊方法とされているのが、低用量ピルを使った避妊です。
避妊薬には低用量ピルとアフターピルがありますが、同じ避妊効果をもたらす医薬品でも服用方法は違います。
アフターピルは性行為後に服用することで、一発で避妊をしてくれます。
しかし、あくまでも避妊に失敗したときに使用する緊急避妊薬です。
ふだんから毎日服用して避妊効果を発揮していく低用量ピルを使用するのが一般的でしょう。

低用量ピルには1相性ピルと3相性ピルがあります。
28日の服用期間のうち、常に一定のホルモン量の錠剤を摂取するのが1相性ピル、ホルモン量が3段階に分けられているのが3相性ピルです。
1相性ピルはどの錠剤を服用してもホルモン量が均一なため、服用する順番を間違っても高い避妊効果を発揮してくれます。
正しく飲める自信がない方にはオススメです。
そんな1相性ピルとして有名なのがマーベロン28です。
マーベロン28は産婦人科からも処方してもらえるため、みなさんが利用する機会もあると思います。
そこで、今回はマーベロン28の効果や副作用について紹介していきましょう。

また、最近産婦人科からの処方が増えている3相性ピル(トリキュラー28など)との違いについても、知っておくと便利かもしれません。
どちらにしても高い避妊効果を発揮してくれますので、自身に合った低用量ピルで正しく安全に避妊していきましょう。

コップと薬

コンテンツ一覧

「1相性ピル「マーベロン28」の効果と副作用/3相性ピルとの違い」のコンテンツ一覧です。