3相性ピルとの比較|1相性ピル「マーベロン28」の効果と副作用/3相性ピルとの違い

1相性ピル「マーベロン28」の効果と副作用/3相性ピルとの違い

3相性ピルとの比較

白い錠剤

マーベロンは1相性ピルとして有名な低用量ピルですが、他にも3相性ピルと呼ばれるものもあります。
28日間常に一定のホルモン量を摂取する1相性ピルに対し、3相性ピルは3段階にホルモン量が変化します。
この違いによってどんな影響があるのでしょうか。

3段階にホルモン量がわかれている大きな理由は、ホルモンバランスの変化をより自然な状態に近づけるためです。
1相性ピルの場合は急激にホルモンバランスを変化させてしまうため、副作用が出やすいというデメリットがありました。
しかし、3相性ピルの場合は、徐々にホルモンバランスを変化させていくため、副作用が出にくいと言われています。
また、1相性ピルに比べて不正出血が起きにくいのも大きな特徴です。
ただし、服用する錠剤の順番には必ず注意しましょう。
マーベロン28はどの錠剤を飲んでも同じホルモン量なので問題なかったのですが、3相性ピルは服用開始日から何日目かによって服用する錠剤が決まっています。
当然誤った錠剤を服用してしまえば、避妊効果を正しく発揮してくれないほか、副作用を引き起こす原因にもなりかねません。

1相性ピルも3相性ピルも、産婦人科で処方してもらえるため、どちらを使用することになっても正しく服用できるよう、しっかり特徴を理解しておきましょう。
産婦人科から処方してもらう以外にも、最近は医薬品の販売を専門としている通販サイトも注目を集めています。
通販サイトなら購入する医薬品を自身で選べるため、1相性ピルか3相性ピルか、みなさんに合った方で避妊をおこなえますよ。