マーベロン28の副作用|1相性ピル「マーベロン28」の効果と副作用/3相性ピルとの違い

1相性ピル「マーベロン28」の効果と副作用/3相性ピルとの違い

マーベロン28の副作用

たくさんの薬

マーベロン28は優れた避妊効果を発揮するほか、生理痛などの改善にも効果的です。
女性にとってはかなりありがたい避妊薬となっていますが、それだけの効果を発揮するということは、同時に副作用を引き起こす危険もあるということです。

マーベロン28による副作用として多いのが、頭痛や吐き気です。
1相性ピル全体のデメリットでもあるのですが、最初に紹介したように、1相性ピルは28日間服用する錠剤がすべて均一のホルモン量となっています。
飲み間違いによるリスクはないですが、これは一気にホルモンバランスを変動させるということでもあります。
そのため、マーベロン28のような1相性ピルは副作用が出やすいと言われており、今言ったような症状が起こる可能性があるのです。
ただ、これらの副作用は、急激なホルモンバランスの変化に体が対応しきれていないから起こるもので、自然と解消されていきます。
服用開始時期に発症することが多いですが、数日で治まることがほとんどですのでそこまで気にする必要はないでしょう。

ただし、副作用がどの程度発症するかは個人差があります。
全員が軽度の副作用で済むとは断言できず、中には重度な副作用を引き起こす可能性もあります。
もし、体に異変を感じる場合や、いつまで経っても症状が引かない場合は、病院へ行って医師に相談するようにしましょう。
また、どうしても副作用が生じてしまうこともありますが、少しでも副作用の可能性を減らすためにも、必ず用法用量に従って正しく服用するようにしましょう。