マーベロン28の効果|1相性ピル「マーベロン28」の効果と副作用/3相性ピルとの違い

1相性ピル「マーベロン28」の効果と副作用/3相性ピルとの違い

マーベロン28の効果

指で摘んでいるカプセル

マーベロン28は30年以上前からヨーロッパで販売されている低用量ピルで、日本でもすでに10年以上親しまれている避妊薬になります。
産婦人科から処方される機会も多く、低用量ピルでの避妊をする方はお世話になることもあるでしょう。
そのときに備えて、しっかりマーベロン28の効果を理解しておきましょう。

マーベロン28は避妊効果が非常に高く、臨床実験によればほぼ100%に近い避妊成功率を記録しています。
マーベロン28を毎日継続的に服用することで、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの血中濃度を一定に保たせることができます。
これにより、性腺刺激ホルモンの分泌が抑えられ、排卵が止まるのです。
排卵が止まってしまえば妊娠する心配は限りなく0に近くなります。
また、排卵抑制の効果だけではなく、子宮内膜の状態を変化させることで着床を防ぐ効果も持っています。
その他、精子の侵入を防ぐこともでき、これら3つの効果からほぼ確実に避妊してくれるのです。
避妊をやめたいときは服用をやめれば問題ありません。
数週間でもとのホルモンバランスに戻り、妊娠できる状態に戻りますよ。

加えて、ホルモンバランスに影響を与えることから、生理不順や生理痛の改善、そしてニキビの解消にも効果があります。
避妊だけに限らず、マーベロン28は女性にありがたい医薬品となっています。